FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三朝温泉

泉質
含放射能/ナトリウム・塩化物泉
含放射能/ナトリウム・塩化物・炭酸水素塩泉
含放射能/単純泉
ラジウムおよびラジウムがアルファ崩壊したラドンが含まれており、世界でも有数の放射能泉である。また一部の旅館には高濃度のトロンを含む温泉もある。源泉中のラドン量について683.3マッヘの記録がある。

高いホルミシス効果が認められ、観光客だけでなく療養目的で訪れる湯治客も多い。

三徳川の両岸に旅館が立ち並ぶ。温泉街は三朝橋周辺に広がっており、伝統的な和風旅館が多い。河原風呂(川原の温泉:24時間・無料)と公衆浴場菩薩の湯は三朝橋のたもとにある。石畳の温泉本通りには、こじんまりした旅館・飲食店・古美術店・スナック・土産物屋・射的場等が並んでおり、情緒ある温泉街が形成されている。元湯の株湯は温泉街を少し離れた静かな住宅街の中にあり地元住民の利用が多い。

本格的な療養温泉でもあり、温泉医療のメッカとしても知られ、国立病院や大学病院、温泉研究所が至る所に見られる。またオンドルを持った長期滞在者向けの旅館や自炊宿も見られ、観光と療養という両極性がこの温泉の特徴である。

830年の歴史があるという歴史的な温泉で、源頼朝の家臣、大久保左馬之祐が源氏の再興を祈願し、三徳山三仏寺に赴いた折に命を救った白狼が夢枕に立って、楠の老木から湯が湧き出ていることを教えたといわれる。この湯が元湯の株湯である。

出雲国風土記にも温泉に関する記述がある。

明治以降は多くの文人も訪れた。訪れたのは与謝野鉄幹、与謝野晶子、野口雨情、志賀直哉、斎藤茂吉、島崎藤村などである。

2004年に発生した温泉偽装問題では、湯船中の温泉の割合が1割にも満たない状態の風呂がある旅館が一件あったと報じられた。

アクセス
JR山陰本線倉吉駅より、日ノ丸バスで20~25分。
鳥取空港より、空港リムジンバス(日ノ丸バス)で1時間。
スポンサーサイト

テーマ : ♡温泉だいすき♡ - ジャンル : 旅行

羽合温泉

泉質
ナトリウム・カルシウム - 塩化物・硫酸塩泉

東郷湖の湖畔に温泉街がある。旅館13軒の小さな温泉街。

温泉街では七福神にちなんで7箇所の温泉設備の整備が予定されている。そのうち、福禄寿の湯という足湯が温泉街に整備されている。

開湯は1843年。

2004年10月に足湯が温泉街に整備された。

アクセス
JR山陰本線倉吉駅より、日交バスで16分、タクシーで10分。
山陰自動車道はわいインターチェンジから約5分。
中国自動車道院庄インターチェンジから約1時間10分。
米子自動車道湯原インターチェンジから約1時間。
一般路線バス
日本交通 (鳥取)(日交バス)
西倉吉~西倉吉町(←のみ)~岡田~河原町~福吉町~新町~赤瓦・白壁土蔵~堺町(さかえまち)~倉吉パークスクエア北口~厚生病院前~総合事務所前~八ツ屋~倉吉駅~海田~倉吉バスセンター~田後(たじり)~はわい温泉~羽合ひかり園~羽合西小前~長瀬東口~橋津東口~宇野西口~宇谷~泊駅前~恐竜広場前~石脇車庫~青谷町総合支所前~青谷駅

テーマ : 温泉♪ - ジャンル : 旅行

皆生温泉

泉質
ナトリウム、カルシウム塩化物泉(含塩化土類)の食塩泉。 「海に湯が沸く」と唄われる。

米子市街の北東部、白砂の美しい弓ヶ浜沿いにあり、夏季には海水浴場となる。湯上りの散策に好まれる温泉街は、東には美保湾越しに大山がよく見えて「日本の朝日100選」に選定されているほか、「日本の渚100選」、「日本の白砂青松100選」、「都市景観100選」にも選定されている。浜の内側には大きな温泉旅館やホテルが浜に沿って一直線に立ち並ぶ。旅館街の裏側には、飲み屋・飲食店・風俗営業の店が集まり、夜にはネオン街となる。

温泉の歴史はさほど古くはなく、1890年(明治23年)に地元の一漁師が海中に温泉が湧いているのを発見し、それを泡の湯と名付けた。大正時代に入り地元の土地会社が目を付け、温泉地として開発した。第一期工事が完了したのは1924年(大正13年)である。戦後は団体客が多く訪れるようになり、今日に見られるような温泉街に発達する。一方で歓楽温泉から健康的な温泉へイメージ変化を図っており、1978年(昭和53年)には弓ヶ浜に海水浴場を整備、1981年(昭和56年)には日本で最初のトライアスロン競技が開催され、その発祥の地として毎年大会を開催している。その他スキー、キャンプ、登山、釣りなどの拠点としての開発も行っており、その他イベントの開催や郷土文化の伝承、来訪者の手形を嵌め込んだ海岸遊歩道の整備など様々な試みが行われている。

なお、1925年(大正14年)~1938年(昭和13年)には米子電車軌道という路面電車が米子駅前と温泉を結んでいた。

アクセス
JR山陰本線米子駅から5km、日交バス・日ノ丸バスで19分(280円)、タクシーで15分。バスの便も多い。
米子空港からタクシーで20分。
米子自動車道・山陰自動車道米子インターチェンジから6km、約10分。

テーマ : ♡温泉だいすき♡ - ジャンル : 旅行

東郷温泉

泉質
ナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩泉
源泉温度85~94℃

8軒の旅館が存在する。

近くに存在する東郷湖の湖底からも温泉が湧出しており、湯気が湖面に立ち込めることもある。

江戸時代より湖底の温泉の存在は知られており、松崎町の町人らが鳥取藩に汲み上げを願いあげたことがあった。
明治5年にボーリングを実施して温泉を開発した。

アクセス
鉄道:山陰本線松崎駅下車すぐ

テーマ : 温泉 - ジャンル : 旅行

浜村温泉

泉質
ナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩泉

駅前に温泉街が広がる。旅館は1軒存在する。日本海にも近い立地である。そのため、夏場の海水浴シーズンには非常ににぎわう。

足湯は3箇所存在する。(ゆうゆう健康館けたか・浜村駅前など)

共同浴場は「新泉の湯」が存在する。また、日帰り入浴施設は「浜村温泉館気多の湯」、温泉を利用した健康増進施設として「ゆうゆう健康館けたか」が存在する。

また、この浜村温泉は貝殻節発祥の地としても知られる。貝殻節は当時盛んだった帆立貝(板谷貝のこと)漁の苦労を忘れるため、自虐的な歌詞で気分を高揚させた作業唄であり、脈々と歌い継がれ、今日では一部の旅館で実演されることがある。この板谷貝は今でも浜村温泉の名物の一つとなっている。

貝殻節祭りが8月第1土曜に開催される。(水上花火大会は前日)

浜村温泉の湯を鳥取市の健康ランドまでタンクローリーで運んでいるため浜村温泉ではない所でも浜村の湯に入ることが出来る。

開湯は約500年前とされる。

小泉八雲の「知られざる日本の面影」でもこの温泉についての記述があり、「小さな美しい村」と書かれている。

アクセス
鉄道 : 山陰本線浜村駅すぐ

テーマ : 温泉旅行 - ジャンル : 旅行

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。