FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紅葉温泉

泉質
重曹泉

日帰り入浴施設の「ふれあい紅葉温泉」が存在する。他に温泉利用をしている施設はない。

開湯は1994年である。

日帰り入浴施設は、1999年7月にリニューアルを実施した。

アクセス
鉄道:土讃線阿波池田駅よりバスで約25分。
スポンサーサイト

テーマ : ♡温泉だいすき♡ - ジャンル : 旅行

船瀬温泉

泉質
低張性弱アルカリ性単純温泉
源泉温度41.4℃
湧出量毎分90リットル
徳島県の商業温泉としては最高温度の源泉であり、また肌にしっとりとからみつくような湯が特徴。湯上がりには肌がすべすべになる効果があるとされる。

四国最東端である蒲生田岬から西に約2キロのところにある。高台にあり、露天風呂からは紀伊水道の景色が一望できるのが特徴。快晴の日には、遠く淡路島や和歌山まで臨むことができる。また行くためには細い道路を15キロほど進まねばならず秘湯としても近年名を知られつつある。

温泉地には日帰り入浴施設である阿南市営船瀬温泉保養センター一軒のみである。宿泊施設はない。またセンター内には地元でとれた旬の魚介類が食べられるレストランがある。

アクセス
温泉への公共交通機関はなし
国道55号から自動車で30分程度
(途中からは対向も難しい区間が数キロに渡って続く)

テーマ : 温泉旅行 - ジャンル : 旅行

新祖谷温泉

泉質
単純硫黄泉
源泉温度17.9℃
湧出量毎分30.8リットル
無色透明の源泉

かずら橋にも近い場所に、一軒宿のホテルかずら橋が存在する。

一軒宿は数多くの風呂を有しており、また露天風呂へは専用のケーブルカーを用いてアクセスすることが名物となっている。

開湯は1988年である。過疎対策として、地元の有志により温泉が開かれた。

アクセス
鉄道:JR四国土讃線大歩危駅よりバスで約20分

テーマ : 温泉 - ジャンル : 旅行

大歩危温泉



泉質
アルカリ性単純温泉
源泉温度21℃の冷鉱泉である。
「肌の若返りの湯」の異名を持つ

大歩危渓谷に温泉地が存在する。

宿泊施設は2軒存在する。

共同浴場などは存在せず、日帰り入浴は旅館の日帰り受付を利用することになる。

最初の旅館の開業は1979年である。財団法人経営の公共の宿である、サンリバー大歩危が開業した。

アクセス
鉄道:土讃線小歩危駅より徒歩約15分。

テーマ : 温泉♪ - ジャンル : 旅行

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。