FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

塩ノ沢温泉

泉質
炭酸水素塩泉
源泉温度19℃
痔に対する効能があるとされる。

国道461号から入った一本道の終点の山間に、一軒宿である「塩の沢温泉旅館」が存在する。

アクセス
鉄道 : 水郡線常陸大子駅よりタクシーで約15分
スポンサーサイト

テーマ : 温泉 - ジャンル : 旅行

川中子温泉

泉質
ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物泉
源泉温度15℃
毎分湧出量21リットル
地下200メートルまでボーリングをして温泉を開発した

国道293号と日立電鉄線の間に、1軒宿の「川中子温泉 極楽荘」が存在する。

周辺には果樹園が多く存在する。

アクセス
鉄道:日立電鉄日立電鉄線川中子駅が最寄り駅だったが2005年3月31日廃線となる。
バス:常磐線大甕駅か水郡線常陸太田駅から日立電鉄交通サービスのバスでのアクセスとなる。

テーマ : 温泉 - ジャンル : 旅行

袋田温泉

泉質
ナトリウム硫酸塩塩化物泉
源泉温度29℃
単純温泉
源泉温度43℃

日本の滝百選にも選ばれている袋田の滝から流れ出る滝川のほとりに3軒の旅館が存在する(但し、温泉を引いていない旅館を含めれば旅館数はこれより多くなる)。源泉の泉質は単純温泉である。

周辺は、袋田の滝の観光拠点となっていることからみやげ物屋なども多い。

また、日帰り入浴施設として「関所の湯」が存在する。こちらの泉質はナトリウム硫酸塩塩化物泉である。

開湯は平安時代であるという。開湯伝説によれば、田んぼの中から温泉が湧出したという。そのため、古くは「田毎の湯」という名称であった。

2種類の源泉のうち、温度の高い単純温泉は平成11年に新たにボーリングにより開発されたものである。

アクセス
鉄道 : 水郡線袋田駅よりタクシーで約5分。

テーマ : 温泉♪ - ジャンル : 旅行

大子温泉



泉質
芒硝泉
肌を滑らかにする効能から美人の湯とも言われている。

久慈川沿いにホテル、旅館が点在している。温泉街から少し外れた国道118号沿いの道の駅奥久慈だいご でも温泉に入浴可能。日帰り温泉施設の「森林の温泉」などでは、近隣で採れるりんごを浮かべたりんご風呂が楽しめ、この温泉地の名物でもある。

近くには日本三名瀑の袋田の滝がある。

その昔、明治時代の紀行文作家である大町桂月が温泉地の美しさを称えたこともある。

アクセス
鉄道:水郡線常陸大子駅より徒歩約10分。

テーマ : 温泉♪ - ジャンル : 旅行

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。