FC2ブログ

関金温泉

泉質
放射能泉
源泉温度は40~60℃である。

大山の東麓、国道313号から奥に入った場所に温泉街が広がる。旅館は5軒存在する。

共同浴場は1軒、「関の湯」が存在する。また日帰り入浴施設として「せきがね湯命館」も存在する。

開湯は1200年以上前とされる。開湯伝説では、鶴が入浴しているところを行基が発見したといわれ、弘法大師が荒れ果てていた温泉地を整備されたとも言われる。但し、行基ではなく弘法大師によって発見されたとも言われている。

湯の美しさから、伯耆民談記にはこの温泉について「銀湯」と記述されている。以来「白銀の湯」の異名を持つようになった。

昭和45年3月24日、国民保養温泉地に指定。

アクセス
自動車:米子自動車道湯原ICから国道313号を倉吉方面へ約35分。
鉄道→路線バス:西日本旅客鉄道(JR西日本)山陰本線倉吉駅より、日交バス・中鉄美作バスで約35分。かつては倉吉駅から倉吉線が分岐し、途中の関金駅が最寄り駅になっていたが、1985年(昭和60年)4月1日に倉吉線が廃止され、駅も消滅した。
スポンサーサイト



テーマ : ♡温泉だいすき♡ - ジャンル : 旅行