FC2ブログ

広沢寺温泉

泉質
アルカリ性単純泉
湧出温度23℃の単純冷鉱泉である
PH10.3
無色透明の源泉
源泉の触感はぬるぬる度が高い
美人の湯、子宝の湯とも言われている。

一軒宿の玉翠楼が存在する。

近くには、温泉名の由来となった広沢寺が存在する。

開湯は昭和初期。

アクセス
鉄道:小田急小田原線本厚木駅より、七沢温泉経由・広沢寺温泉行きバスで約40分。最寄バス停の「広沢寺温泉」停留所目の前。もしくは、七沢行きバスで約35分「広沢寺温泉入口」下車、徒歩15分。
スポンサーサイト



テーマ : 温泉旅行 - ジャンル : 旅行