FC2ブログ

天ヶ瀬温泉

泉質
硫黄泉
食塩泉
単純泉
かつては河川敷を掘ればどこでも温泉が湧いたという。

玖珠川沿いに約10軒の旅館ホテルがひしめくように建っている。

共同浴場は、玖珠川沿いに露天風呂が7箇所存在している。いずれも料金箱に100円を入れることで入れる。

温泉街では、「温泉パスポート」という湯巡りパスポートを発行している。

開湯時期は不明。奈良時代に書かれた豊後国風土記にその名が登場しており、開湯はそれ以前であると考えられる。豊後国風土記には、天武天皇の時代の大地震で温泉が湧出したと記載されている。

筑豊の炭鉱が賑わっていた頃は、炭鉱関係者の保養地として歓楽温泉地的な賑わいを見せていた。

アクセス
鉄道:久大本線天ヶ瀬駅下車すぐ。
スポンサーサイト



テーマ : 旅行情報 - ジャンル : 旅行