FC2ブログ

道後温泉



泉質
単純温泉
源泉温度42~51度(これらを混合して46度で供給している)。

効能
神経痛、リューマチ・胃腸病・皮膚病・痛風・貧血。

道後温泉街はその中央にある道後温泉本館を中心としている。本館自体が観光施設であるが、その横には「道後麦酒館」という地ビールを飲める店があるなど、飲食施設が充実しつつある。

温泉本館前から、市内電車の道後温泉駅まで、L字型に道後商店街があり、土産物店や飲食店などが軒を連ねている。L字の角のところに、椿の湯がある。こちらも共同浴場であるが、料金も本館より安く、地元の人の利用が多い。

市内電車の道後温泉駅前には、放生園という小公園があり、坊っちゃんからくり時計、足湯、湯釜などがある。駅前広場には夜間は坊っちゃん列車の機関車と客車が留め置かれ、ライトアップされている。また、坊っちゃん、マドンナ、巡査の衣装をまとった観光ボランティアガイドも出て、からくり時計の動く時間には観光人力車も集まり、とりわけ夜8時前後は賑やかになる。従来は道後温泉街には昼間の楽しみが少ないと指摘されていたが、放生園に足湯ができて、楽しみが増えた。足湯は湯釜を取り囲む形でベンチが作られ、腰を下ろして足を温泉に浸け、歩き疲れを取ることができる。なお、放生園の隣、商店街の入り口には松山市の観光案内所と道後温泉旅館組合の事務所がある。

温泉本館の北から東にかけてがホテル旅館街となっている。各旅館ホテルが高度成長期に競い合って増築を行ったため、規模の大きい施設が多い。いくつかのやや規模の大きいホテル旅館の前には足湯・手湯が置かれ、自由に利用できる(無料)。

周辺にも、坊っちゃん記念碑、道後公園、湯築城跡、湯神社、伊佐爾波神社、松山神社、にきたつの道、セキ美術館、松山市立子規記念博物館などの見所が多数あり、一帯が観光地を形成している。

近年、松山市が推進している「坂の上の曇」関連では、秋山家の墓が鷺谷墓地にある。

ホテル旅館街の西にある歓楽街・風俗街は有名である。

かつては置屋などの立ち並ぶ一帯もあったが、現在は廃屋同然となっており、再生が課題となっている。

道後温泉は、日本国内でもひときわ古い3000年もの歴史を持つと言い伝えられる温泉である。神話の昔はもちろん、史実上の記録に登場する温泉として見ても、道後温泉は日本最古級の歴史を持つ。

神話の時代から古代
白鷺伝説
昔、足を痛めた白鷺が岩の間から流れ出る湯に浸していたところ、傷は癒えて、飛び立って行くのを見て、村人が手を浸すと温かく、温泉であり、効能を確認したという伝説がある。これが道後温泉の発見とされる。
道後温泉のみならず、白鷺と温泉の縁は深く、各地の温泉の発見物語に白鷺が登場する。道後温泉ではさらに念の入ったことに、その白鷺が舞い降りた跡が残ったものとのいわれのある石(鷺石)があり、市内電車の駅前の放生園(ほうじょうえん)という小公園の一角に据えられている。
なお、白鷺は道後温泉のシンボルの一つともなっており、道後温泉本館の周囲の柵にも白鷺をモチーフとした意匠がみられる。また、鷺谷という地名が残っている。
伊予国風土記逸文
神話の時代、大国主命と少彦名命が出雲の国から伊予の国へと旅していたところ、長旅の疲れからか少彦名命が急病に苦しんだ。大国主命は小彦名命を手のひらに載せて温泉に浸し温めたところ、たちまち元気を取り戻し、喜んだ少彦名命は石の上で踊りだしたという。この模様を模して、湯釜の正面には二人の神様が彫り込まれている。
また、その上で舞ったという石は、道後温泉本館の北側に「玉の石」として奉られている。こちらにも、白鷺同様、命の「足跡」と伝えられる跡が残っている。なお、有馬温泉、玉造温泉ほか全国の各地に類似の伝説がある。
596年 厩戸皇子(聖徳太子)来湯
病気療養のため道後温泉に滞在したことが伊予国風土記逸文に記されている。皇子は伊佐爾波の岡に登り、風景と湯を絶賛し、記念に碑文を遺したとされるが、今日までその現物は発見されておらず、道後温泉最大の謎とされている。(14世紀に河野氏が湯築城造営の際に持ち去ったという説もある)椿の湯の南側の緑地にその模様を記した碑が建立されている。
これをはじめとして、日本書紀や伊佐爾波神社(いさにわ~。八幡宮)の社伝などによると、景行天皇・仲哀天皇・神功皇后・舒明天皇・斉明天皇・中大兄皇子(後の天智天皇)・大海人王子(後の天武天皇)など多くの皇族方が行幸したとされる。
7世紀
645年に大化改新が行われると、現在の今治市の辺りに伊予国の国府が置かれ、京から見て国府よりも遠い地域は「道後」(←→道前、道中)と呼ばれたことから、後世になるとこの温泉のある一帯が特にそう呼ばれるようになった。
中大兄皇子
白村江の戦いの前に中大兄皇子(後の天智天皇)が日本・百済連合軍を集結させた。
7世紀頃
2005年11月、松山市埋蔵文化財センターは、道後温泉本館の東隣の発掘調査現場から7世紀頃の地層に温泉の成分である高濃度の硫黄やアルカリ泉に存在するケイ藻の成分が含まれていたと発表した。史書に登場する温泉の存在を裏付ける史料ではないかと注目されている。

中世
1239年 宝厳寺(ほうごんじ)に一遍上人生誕。
14世紀 河野氏が一帯を支配、湯築城を築城などする。

江戸時代
1635年(寛永12年) 松平氏の温泉経営始まる
松山藩に松平定行が入ってから、道後温泉は定行ら代々の松平松山藩主により大きく整備された。「温泉経営の時代」である。
1795年(寛政7年) 小林一茶来湯

明治以降
1894年(明治27年)、道後温泉本館落成
温泉街の中心部に近代和風建築として斬新なデザインを持つ道後温泉本館が完成する。翌4月には松山中学の英語教師として温泉のある松山市に赴任した夏目漱石がその建築に感嘆し、手紙や、後の彼の作品『坊つちやん』の中で絶賛している。
手紙によれば、八銭の入浴料で「湯に入れば頭まで石鹸で洗って」もらうことができ、また3階に上れば「茶を飲み、菓子を食」うことができたようである。この道後温泉本館は、現在でも道後温泉のシンボル的存在となっている。
1944年(昭和19年) 道後湯之町、松山市と合併
1946年 南海地震により湯の湧出が一時止まったが約一ヶ月後、再び湧き出る。
1950年(昭和25年) 昭和天皇、入浴。
1956年(昭和31年) 内湯創設 当時、旅館62軒
1966年(昭和41年) 道後温泉本館三階に「坊っちゃんの間」開設。
1977年(昭和52年) 道後村めぐり始まる
1986年(昭和61年) 愛媛県県民文化会館オープン。
1988年(昭和63年)4月 瀬戸大橋開通、宿泊者数ピークに
1994年(平成6年) 道後温泉本館が国の重要文化財に指定された。
同年 本館建設百周年記念事業、からくり時計の設置、坊っちゃん列車復元運行(県民文化会館隣の空き地にて)
この頃から、道後温泉誇れるまちづくり協議会の活性化の取組みが始まる。
1994年(平成6年)8月~ 夏季異常渇水に見舞われる
1994年(平成6年)12月 道後温泉本館重要文化財指定
1996年(平成8年)3月 道後公園の整備計画まとまる。中世の史跡公園としての方向性示される。
1996年(平成8年) 聖徳太子来湯1400年
1996年(平成8年) 刻太鼓(ときだいこ)が「残したい日本の音百選」に選ばれる。
1996年(平成8年)7月 道後地ビール発売
1997年(平成9年)6月 冠山のニュー宝荘明け渡し完了、駐車場としての利用開始
1998年(平成10年)5月 観光ボランティアガイド活動開始
1999年(平成11年)5月 瀬戸内しまなみ海道開通
2001年(平成13年)3月 芸予地震発生(24日)、一旅館倒壊の被害
2001年(平成13年)10月 道後商店街の愛称が「ハイカラ通り」に決まる
2001年(平成13年)12月 旅館の入り口付近に「足湯」の設置始まる。
2003年6月厚生労働大臣表彰
2002年(平成14年)2月 道後温泉誇れるまちづくり協議会により活性化構想「DO!GO!21」構想を発表
2002年(平成14年)3月 放生園に体験足湯設置
2002年(平成14年)4月 道後公園湯築城跡オープン
2002年(平成14年)12月 放生園の足湯設置
2003年 塩素騒動勃発
2005年度、全国都市再生モデル調査の事業として、カジュアルフォトコンテスト、道後村めぐりワークショップ、景観を考えるシンポジウム等を実施した。
2005年(平成17年)1月 ぎやまんの庭オープン
2005年(平成17年)7月 にきたつの道朝市開始(以後、第4日曜日開催)
2006年(平成17年)3月 道後商店街新アーケード完成
2006年(平成17年)3月 道後温泉本館保存修復検討委員会最終報告
2006年(平成17年)4月 夏目漱石の小説『坊っちゃん』発表百周年記念行事
4月 本館東側空き地に「漱石坊っちゃん碑」設置
2007年(平成19年)8月 地域ブランド認定

アクセス
JR松山駅から
予讃線松山駅から伊予鉄道市内電車城南線で道後温泉行き終点の道後温泉駅へ(約20分)。
伊予鉄道、松山市駅(略称・市駅)乗り換え
市駅前駅から同じく市内電車で終点の道後温泉駅。
伊予鉄バス8番線松山市駅経由道後温泉行 終点下車
松山空港から
松山空港から、JR松山駅などを経由し道後温泉駅前行きの空港リムジンバスが出ている。終点まで約40分。
松山観光港から
松山観光港から、伊予鉄リムジンバスでJR松山駅前、松山市駅経由道後温泉駅前行 終点下車。所要約40分。
車で
松山自動車道松山ICから、国道33号、松山東部環状線経由で約8km。
本館の隣の小高い山(冠山・かんむりやま)の上に市営の有料駐車場がある。ただし、道後温泉本館と椿の湯の利用者には一時間まで無料。
スポンサーサイト



テーマ : 温泉♪ - ジャンル : 旅行