FC2ブログ

発哺温泉

泉質
単純泉、単純硫黄泉、硫化水素泉
源泉温度50℃
蒸気温泉を釜に入れ温水化し、沢の湧き水と混合している。

温泉街というよりも、急峻なスキー場の中腹のスキーホテル街。スキーが行われるまでは湯治場であった、現在は湯治場の面影は無い。 長野オリンピック、アルペンスキー大回転会場東舘山の中腹(標高1600m)にあり、北信五岳、北アルプスを望む絶景である。

佐久間象山の日記にも記される。 明治期よりホッポと言われるようになった。由来は水蒸気の湧き出すポッポ・ポッポという音或いは、この地まで湯治で上ってくるまでに体が火照ってホッポ・ホッポと為ることからといわれている。

当地には共同浴場、公衆浴場は無い。

1841年 (天保12年)、天狗の湯初代 関新作が発見した。

アクセス
自動車

上信越自動車道:信州中野IC、国道292号を30km
公共交通機関

各地から長野まで
東日本旅客鉄道:長野駅(新幹線で東京駅から79分、名古屋駅から特急で3時間)
川中島バス、阪急バス:大阪・京都→長野駅(高速バス)
長電バス、西武バス:池袋→長野(高速バス)
川中島バス、京王バス:新宿→長野(高速バス)
川中島バス:名古屋→長野(高速バス)
各地から湯田中まで
長電バス、南海バス:大阪・京都→湯田中駅(夜行 高速バス)
長野電鉄:長野駅→湯田中駅(特急約45分)
各地から発哺まで
長電バス:長野駅東口→発哺温泉バス停(1時間40分)<<急行 志賀高原線>>
長電バス:湯田中駅→発哺温泉バス停(60分)<<志賀高原方面行>>
スポンサーサイト



テーマ : 温泉 - ジャンル : 旅行