スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海潮温泉

泉質
旧源泉

単純温泉
源泉温度42℃
湧出量毎分400リットル
新源泉

ナトリウム・硫酸塩 - 塩化物泉
源泉温度45.9℃
湧出量毎分594リットル

奧出雲の名湯で、斐伊川の支流、赤川上流の山峡にひっそりと佇む。規模は小さいが、各旅館が露天風呂を持っており、また共同浴場が2軒ある。「桂荘」と「かじか荘」である。日帰り入浴施設は1軒、「健康ランドゆとりの里」が存在。

蛍の温泉の異名を持ち、赤川河畔ではゲンジボタルの繁殖地(国の天然記念物)でもある。

出雲国風土記にも記載があるという非常に古い温泉で、天平の時代から湧いている。

ボーリングによる源泉開発も古くから行われており、旧源泉は1973年に開発された。

新源泉は2005年に開発が実施され、同年12月に300メートルボーリングを実施して発見した。新源泉は2006年6月1日から利用されている。

アクセス
鉄道
JR木次線出雲大東駅下車、一畑バス・雲南市民バスで7分、タクシーで10分。
一畑電車北松江線松江しんじ湖温泉駅下車、一畑バスで58分。
JR山陰本線松江駅下車、一畑バスで44分。
JR山陰本線乃木駅下車、一畑バスで32分。
スポンサーサイト

テーマ : ♡温泉だいすき♡ - ジャンル : 旅行

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。