スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬吠崎温泉

泉質
2種類の源泉が存在する。

潮の湯
ナトリウム・カルシウム塩化物泉
黒潮の湯
ナトリウム塩化物強塩泉
源泉温度27℃
湧出量300リットル

効能
神経痛、筋肉痛、慢性消化器痛、冷え性、疲労回復ほか

犬吠埼の周辺に複数のホテル、旅館が存在するが、そのうちの6軒に温泉が引かれている。

いずれの宿も、太平洋に面した露天風呂を名物とし、日の出の光景を売り物にしている。

宿独自に足湯を整備しているところもある。

元々は犬吠崎観光の旅館が存在していた。

2000年に入り、当地にある犬吠崎京成ホテルが温泉開発を実施。1300メートルボーリングを実施して源泉を開発。以降温泉地としての歴史も始まった。  

アクセス
鉄道 : 銚子電気鉄道犬吠駅下車徒歩約10分
高速バス : 千葉交通、京成電鉄運行銚子~東京駅・浜松町線終点。
スポンサーサイト

テーマ : 温泉旅行 - ジャンル : 旅行

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。