スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鶴の湯温泉

泉質
ナトリウム-炭酸水素塩泉

町営の日帰り入浴施設および宿泊施設が存在する。

温泉地では、毎年2月に温泉への感謝祭が行われる。

開湯時期は不明だが、江戸時代には既に地元の人が利用していたという。

開湯伝説では、この温泉で傷を癒していたツルを発見したとされ、温泉名もこれに因んでいる。

現在の入浴施設は、1994年に南部川村により建設された。温泉への感謝祭は1999年から行われている。

アクセス
鉄道 : 紀勢本線南部駅よりタクシーで約20分。
スポンサーサイト

テーマ : 温泉 - ジャンル : 旅行

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。