スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

湯抱温泉

泉質
含塩化土類食塩泉
源泉温度20~36℃

大山隠岐国立公園内、江の川支流の尻無川と湯抱川に望む鄙びた温泉地で、夏には蛍も飛び交うほど、自然に恵まれている。温泉街は2つに分かれており、国道375号沿いに2軒、国道から入った先に3軒、宿泊施設が存在する。

湯治、保養向け。地元の幸を名物としており、山菜、鮎、ヤマメ、松茸、鴨、猪などの料理が出される。

戦国時代の頃から温泉が湧いたと伝えられているが、詳しいことは不明。万葉の詩人、柿本人麻呂について研究するため、斎藤茂吉が訪れ、そしてこの地が終焉の地であると発表した。それを記念した、斎藤茂吉鴨山記念館がある。

アクセス
鉄道:JR三江線粕淵駅下車、バス(石見交通)で10分。
スポンサーサイト

テーマ : 温泉♪ - ジャンル : 旅行

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。