スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三内温泉

泉質
含硫黄 - ナトリウム - 塩化物泉(硫化水素型)
源泉温度46 ℃
成分総計14,680mg/kg
国内では稀に見る高濃度の温泉である。

入浴施設「三内ヘルスセンター」が存在する。高速道路のインターチェンジ(青森IC)は至近距離にある。但し、インターチェンジから直接三内温泉に行こうとする場合は、国道7号バイパス(青森環状道路)を少し走って遠回りして行く必要がある。

近年観光名所として人気を呼ぶ三内丸山遺跡には、ほど近いところにある。また、徒歩で行ける三内霊園には、棟方志功をはじめとする青森ゆかりの著名人の墓がある。

開湯は1960年である。750メートルボーリングを実施して源泉を開発した。

アクセス
車: 東北自動車道青森ICすぐ。
バス: JR東北本線青森駅から徒歩10分、古川バス停より、青森市営バス岩渡・つくしが丘病院行に乗車、三内温泉下車。約35分。
スポンサーサイト

テーマ : ♡温泉だいすき♡ - ジャンル : 旅行

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。