スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

湯瀬温泉

泉質
アルカリ性単純温泉
源泉温度58℃
PH8.9
成分総計628mg/kg
美肌に対する効能があるとされる。

アルカリ性単純温泉の場合、温泉独特の硫黄臭はない。 湯瀬温泉は米代川河畔から持ち上がる急峻な斜面のしたに湧出するものが多く、泉温は25度~60度とされている。ただし、湧出量は毎分数リットル~30リットルとされていて、あまり多くはない。温泉の北側に行くと温度が低いという調査が出ている。 個人用、個人と営業の併用、営業用の用途に分かれていて、源泉は20程度と見られる。 自噴とポンプアップが半々で、どちらかというとやや零細な温泉群と見られる。電気的な分析から、含有成分は豊富であり、肌に優しい温泉と言うことになる。

5軒の旅館、ホテルが存在。その中の湯瀬ホテルは玉川温泉の経営で知られる。また、姫の湯ホテルは東北最高峰の温泉藤七温泉の経営で知られる。

米代川沿いに温泉地があり、川瀬から湯が湧出していたことが、温泉名の由来ともなった。

温泉旅館の開業は1909年以降。

アクセス
鉄道:花輪線湯瀬温泉駅下車
スポンサーサイト

テーマ : 温泉旅行 - ジャンル : 旅行

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。