スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

七里田温泉


泉質:マグネシウム・ナトリウム・炭酸水素塩泉
源泉温度:56℃
泉色:黄白濁色
炭酸を多く含んだ適温の湯が大量に湧出しており、源泉かけ流しを行っている。

効能
入浴:神経痛、筋肉痛、五十肩など
飲用:慢性消化器疾患、糖尿病、肝臓病など

地元温泉組合が運営する施設(木乃葉の湯、下湯(したゆ)温泉共同浴場)のほかに民宿があるだけの山間の静かな温泉。

鎌倉時代から戦国時代にかけてこの地を治めていた朽綱氏が湯治などに使っていたとされる。朽網宗暦は「出湯の儀在所の飾りに候間方式修理掃除当申付事云々(=温泉はこの地の宝であり土地の決め事を守って修理や掃除などの怠りこと無い様に申し付ける)」という教訓状を与えている。

後の岡城主三代目中川久清が、寛永3年(1663年)にここに御茶屋を建て湯治に使っていた記録が残っており、湯守に米一石五斗を与えて温泉の管理に当たらせた。

アクセス
JR九州豊肥本線豊後竹田駅から、大分バス(竹田交通)のバスで30~40分。須崎または三船下車、徒歩約20分。
平日は1時間に1本運行されるが土曜・休日は便が減るので事前に確認すること。(大分県道47号竹田直入線を経由する。)
スポンサーサイト

テーマ : ♡温泉だいすき♡ - ジャンル : 旅行

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。