スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

志戸平温泉

泉質
含食塩芒硝泉

花巻南温泉峡の入り口から2番目に位置する温泉である。豊沢川沿いに近代的な大型ホテルと、自炊部も備える古くからの旅館が存在する。

温泉地は、多田武彦作曲の男声合唱組曲「草野心平の詩から」にも歌詞の中で登場する。

開湯伝説によれば、平安時代初期に坂上田村麻呂の一行が発見したと伝えられる。湯治場として利用されだしたのは元禄2年からである。

2005年10月16日には、志戸平温泉の源泉を用いた足湯が花巻市中心部に試験的に設置された。

アクセス
鉄道:東北本線花巻駅より、岩手県交通バスで約20分。
スポンサーサイト

テーマ : ♡温泉だいすき♡ - ジャンル : 旅行

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。