スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤倉温泉

泉質
カルシウム・ナトリウム-硫酸塩泉

赤倉温泉駅より少し離れた小国川沿いに9軒の旅館が存在する。温泉街では湯巡り手形を発行している。

共同浴場は1軒存在するが、地元の方専用であり、観光客は入浴することはできない。

周辺には赤倉温泉スキー場が存在する。

開湯伝説では、貞観5年に円仁によって、馬が川底から湧き出ている温泉で傷を癒している所を発見したとされる。

江戸時代には松尾芭蕉も奥の細道の途中に立ち寄っている。

アクセス
鉄道 : 陸羽東線赤倉温泉駅下車。
スポンサーサイト

テーマ : 温泉 - ジャンル : 旅行

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。