スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

早戸温泉

泉質
含芒硝食塩泉
源泉温度53℃

国道252号と只見川に沿うように温泉地が広がる。但しその規模は小さい。

旅館は2軒存在する。そのうちの一軒は、公営の日帰り入浴施設「つるの湯」に併設した、湯治を行う人向けの自炊部である。

開湯は1200年前である。但し、当地に伝わる開湯伝説によれば、温泉の開湯は1800年前であるとされる。

開湯伝説によれば鶴が温泉で傷を癒しているところを発見したとされる。そのため、古くは「鶴の湯」と呼ばれ、今日ではその名前は日帰り入浴施設に残る。

アクセス
鉄道:只見線早戸駅下車徒歩約10分。
スポンサーサイト

テーマ : 温泉♪ - ジャンル : 旅行

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。