スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南濃温泉

泉質
泉質:ナトリウム・カルシウム-塩化物温泉(中性高張性温泉)
泉温:約36℃
湧出量:150L/min(山麓の源泉深さ1,500mから、地下300mに設置したポンプにより揚湯)
pH値:7.2

養老山地の標高130mの中腹に日帰り入浴施設が存在する。温泉に入りながら木曽三川をはじめとする濃尾平野全体、御岳などの眺望が楽しめること、国道258号沿いにあり交通の便がよいことなどにより東海地方全体から入浴客が訪れ、2006年10月には利用者が100万人を超えた。煌めきの湯、ときめきの湯、檜風呂、壷湯、岩風呂など、全11種の湯船があり各湯船の湯口には「水晶の湯」にちなんで水晶の原石が飾られている。

海津市に吸収合併前の旧南濃町が約6億円をかけて2002年12月に開館した。

2007年1月に源泉の水温が低下(揚湯温度:通常29~30℃が、約4℃低くなり25~26℃に低下)していることが判明し、市は財団法人県公衆衛生検査センターに湯の成分の分析を依頼。調査の結果、源泉井戸の鋼管に穴があき地下水が流入して温泉が薄められていることが判明。泉質には大きな影響がないことから営業は継続されている。

アクセス
近畿日本鉄道
近鉄養老線「駒野駅」下車徒歩15分。施設駐車場より無料シャトルバスにて約5分。(バスは12分間隔で運行)
スポンサーサイト

テーマ : 温泉♪ - ジャンル : 旅行

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。