FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宝塚温泉

泉質
ナトリウム・炭酸ガス含有の塩類泉。

震災前は武庫川の河畔に旅館ホテルが数多く並んでいた。今では温泉は若水旅館とナチュールスパのみである。宝塚歌劇で有名な宝塚大劇場の対岸あたりが該当する。

鎌倉時代開湯と伝えられるが、現在の温泉が発見されたのは1884年のことであり、1887年に武庫川右岸に宝塚温泉が開業する。
1897年に阪鶴鉄道(現在のJR福知山線)が開通、1910年には箕面有馬電気軌道(現在の阪急宝塚本線)が開通し、大阪方面からの訪問者が増える。
1911年に箕面有馬電気軌道が、乗客誘致のため武庫川左岸の宝塚駅側に「宝塚新温泉」を開業、附属施設として1912年には室内プールが開業するものの時期尚早でもあり、翌年には閉鎖される。ただし、1914年に宝塚新温泉の閉鎖された室内プールスペースで少女歌劇(後の宝塚歌劇)が行われるようになった。
阪神・淡路大震災で一部施設に被害が出る。このとき大きな被害を受け当時の借入金の返済に苦しんでいた「宝塚グランドホテル」が2003年に廃業している。
2002年1月に、武庫川の右岸に第3セクターの温泉施設が完成したが、建物は建築家・安藤忠雄の設計で斬新な外観であるものの、施設の評判が悪く大赤字となる。その後就任した市長の公約でもあったためわずか1年あまりで一時閉館。2004年9月に民間運営による「ナチュールスパ宝塚」となって再開、更に2006年に改装リニューアルオープンした。特に週末と連休は、子供連れの家族、主婦、若い女性、宝塚歌劇の観客等で賑わいを見せている。

アクセス
鉄道 : JR福知山線宝塚駅、阪急電鉄宝塚駅下車
スポンサーサイト

テーマ : 温泉 - ジャンル : 旅行

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。