FC2ブログ

熊の川温泉

泉質
放射能泉
源泉温度32.9℃、38.7℃の二本の源泉が存在
湧出量はそれぞれ毎分60リットルと183リットル

嘉瀬川沿いに温泉街が広がり、7軒の旅館が存在する。

共同浴場は2軒存在する。元旅館の「熊ノ川浴場」と、市営浴場の「鵆の湯」が存在する。

開湯は821年である。開湯伝説によれば、弘法大師が水鳥を見て発見したとされる。

鍋島勝茂の湯治の記録も残る。

郭沫若も大正13年に訪問している。

昭和41年8月1日、古湯温泉と共に国民保養温泉地に指定。

アクセス
鉄道:長崎本線佐賀駅よりバスで約35分。
スポンサーサイト



テーマ : 温泉 - ジャンル : 旅行