FC2ブログ

川俣温泉

泉質
単純泉
ナトリウム-塩化物泉
無色透明の源泉
源泉温度70~94℃

効能
切り傷 火傷 皮膚病 婦人病 動脈硬化 高血圧

奥鬼怒へ続く県道沿いに旅館が点在する。

約50分間隔で白煙と湯柱を吹き上げる間欠泉は温泉街の手前の噴泉橋から望める。間欠泉の高さは約15m。

平家落人集落を売りにしている。

古くは、開湯伝説では平家落人の平藤房の発見としていた。平藤房が実在の人物であるか否か、という議論以降は平藤房発見説による紹介は減り、藤原藤房の末裔である藤原藤四郎が発見した、という説に変わりつつある。藤原藤房は平家家臣であるとされる。

アクセス
鉄道:東武鉄道鬼怒川線鬼怒川温泉駅下車、バス乗り換え約1時間30分川俣温泉入口下車
道路:日光宇都宮道路今市ICより約1時間30分 道路は渓谷沿いにかなり狭いところがあり、大型観光バスでの通行は熟練の腕が必要。

テーマ : 温泉 - ジャンル : 旅行

川治温泉

泉質
アルカリ性単純泉
怪我に対する効能があるとされ、「傷は川治、火傷は滝(現在の鬼怒川温泉)」と称された。

鬼怒川と男鹿川の合流部付近、男鹿川沿いに約10軒の旅館、ホテルが立ち並ぶ。

川沿いには「岩風呂」の愛称がある露天風呂、共同浴場薬師の湯が存在する。

開湯は江戸時代の享保年間に、男鹿川の氾濫後に偶然発見したと言われる。

この地を通っていた会津西街道の宿場町として、また湯治場として栄えた。

1980年11月20日、川治温泉の川治プリンスホテル「雅苑」で火災が発生し死者45人、負傷者22人を出した。

アクセス
鉄道 : 野岩鉄道川治湯元駅より徒歩約10分。
自動車 : 日光宇都宮道路今市ICより約40分。

テーマ : 温泉♪ - ジャンル : 旅行

鬼怒川温泉



泉質
アルカリ性単純泉
単純泉
火傷に対する効能があるとされ、北側の川治温泉とともに「傷は川治、火傷は滝(現在の鬼怒川温泉)」と称された。

温泉街
鬼怒川温泉駅の南側から、鬼怒川公園駅までの間、鬼怒川沿いの両岸、滝地区と藤原地区に数多くの大型ホテル、旅館の建物が連なる。
歓楽街温泉としても栄えた場所であり、それに伴う飲み屋なども数多く存在していたらしいが、実際に営業している店舗は多くない。
鬼怒川温泉駅前は旅館業者が兼営するみやげ物店、食堂、売店が散在する。
周辺施設
温泉街の外れには、ロープウェイが存在する。ロープウェイの山頂側の駅近くに温泉神社が存在する。
鬼怒川温泉周辺には日光ワンニャン村、ウェスタン村、東武ワールドスクウェア、日光猿軍団、日光江戸村など人気のアトラクション、ミニテーマパークが多数立地する他に、エーデルワイススキーリゾート、ハンターマウンテン塩原などのスキーリゾート、ゴルフ場なども立地する。
立ち寄り風呂としては、鬼怒川公園内に町営の鬼怒川公園岩風呂(入浴料は大人500円)がある。また、ほとんどのホテル・旅館で入浴のみの利用も可能となっている。

古くは滝温泉という名前で、鬼怒川の西岸にのみ温泉があった。発見は1752年とされる。日光の寺社領であったことから、日光詣帰りの諸大名や僧侶達のみが利用可能な温泉であった。

明治から昭和初期まで
明治時代になって、滝温泉が一般にも開放されるとともに、明治2年には東岸にも藤原温泉が発見される。その後、上流に水力発電所が出来て鬼怒川の水位が下がるとともに、川底から新源泉が次々と発見され、次第に温泉として発展していった。

全国の大規模温泉旅館は不振が続き、バブル崩壊後は温泉街全体が経営的に一層苦しくなっている中、鬼怒川温泉も例外ではない。むしろ熱海温泉や別府温泉と並んで不振の代表格とされたことすらあった。さらに、同じ東京近郊立地の温泉地である箱根温泉に比べると、アクセスがやや不利で、集客にハンディがあった。

団体客相手を中心にした設備のままでの経営や硬直的で割高な料金設定(ホテル・民宿でほぼ全て同じ料金に設定していた時期もある)を後々まで続けていた事なども不振を促進させた理由である事は否めない。

加えて、それまで鬼怒川温泉の旅館ホテルに経営支援を行ってきた栃木県の地方銀行である足利銀行の経営破綻の影響で、大多数の旅館で資金繰りが悪化した。産業再生機構の支援対象となっている旅館業者は2005年4月末までで5社(同じ日光国立公園内では他に3社)あるほか、ここ2年間で廃業したものも2社(館)ある。

その後、明るい話題として、2006年には、新宿駅~池袋駅~大宮駅~鬼怒川温泉駅間で「きぬがわ」・「スペーシアきぬがわ」が直通運転を開始した(一方では同時に料金不要の速達列車の大規模削減が実施されたので、全体的には利便性は大幅に損なわれている面もある)が、将来のリピーターとなる可能性のある一人旅の人や若年層の観光促進の問題などを勘案すると、先行きはまだまだ不透明なのが現状である。

アクセス
鉄道:東武鬼怒川線鬼怒川温泉駅または鬼怒川公園駅すぐ。
東武鉄道の特急「きぬ」の運行により、東京方面から多くの観光客が押し寄せた。
2006年3月18日、JR東日本新宿駅~池袋駅~大宮駅~東武鉄道鬼怒川温泉駅間で「きぬがわ」・「スペーシアきぬがわ」が直通運転を開始。東京都西部、埼玉県西部、神奈川県からのアクセスが向上した。
車:日光宇都宮道路今市ICより約30分。

テーマ : 温泉旅行 - ジャンル : 旅行