FC2ブログ

木戸池温泉

泉質
単純温泉(中性低張性高温泉)
源泉温度42℃等

温泉街は無い。木戸池湖畔にある一軒宿「木戸池温泉ホテル」内に有る温泉。 自家源泉、石の湯、ほたる温泉の泉源の混合泉。 非循環で多量のかけ流し温泉であるが、室内に男女各1つの浴槽である。

1955年(昭和30年)、温泉掘削
1956年(昭和31年)、木戸池スキー場、ホテル営業
2004年(平成16年)9月、金融機関からの経営コンサル支援を受け廃止の危機を逃れる。

アクセス
自動車

上信越自動車道:信州中野IC、国道292号を30km
公共交通機関

各地から長野まで
東日本旅客鉄道:長野駅(新幹線で東京駅から79分、名古屋駅から特急で3時間)
川中島バス、阪急バス:大阪・京都→長野駅(高速バス)
長電バス、西武バス:池袋→長野(高速バス)
川中島バス、京王バス:新宿→長野(高速バス)
川中島バス:名古屋→長野(高速バス)
各地から湯田中まで
長電バス、南海バス:大阪・京都→湯田中駅(夜行 高速バス)
長野電鉄:長野駅→湯田中駅(特急約45分)
各地から熊の湯まで
長電バス:長野駅東口→木戸池バス停(1時間40分)<<急行 志賀高原線>>
長電バス:湯田中駅→木戸池バス停(40分)<<白根火山線 or 蓮池ターミナル乗り換え>>

テーマ : 温泉旅行 - ジャンル : 旅行

北志賀温泉

泉質
ナトリュウム・カルシュウム・塩化物温泉
源泉温度46.7℃

温泉街は無い。ゆうリゾートホテル(元 アムス リゾートホテル)敷地内にある天然かけ流し温泉。湯量は豊富である。 北信濃を代表する高社山(高井富士)の東側山腹にある高井富士スキー場の正面にある温泉。高社の湯という露天風呂(冬季閉鎖)、内湯がホテル内に有る(外来入浴可)。弱アルカリ性で美肌の湯である。シャトー調のリゾートホテル外観と運良く温泉を独り占め出来たときの雰囲気は日本を忘れることが出来る。 事前連絡をしてから行くのが無難である。

アクセス
自動車

上信越自動車道:信州中野IC、国道292号、国道403号:高井富士スキー場
公共交通機関

各地から長野まで
東日本旅客鉄道:長野駅(新幹線で東京駅から79分、名古屋駅から特急で3時間)
川中島バス、阪急バス:大阪・京都→長野駅(高速バス)
長電バス、西武バス:池袋→長野(高速バス)
川中島バス、京王バス:新宿→長野(高速バス)
川中島バス:名古屋→長野(高速バス)
各地から湯田中まで
長電バス、南海バス:大阪・京都→湯田中駅(夜行 高速バス)
長野電鉄:長野駅→湯田中駅(特急約45分)
長野電鉄:長野駅→信州中野駅(特急約35分)
各地から北志賀温泉まで
タクシー:湯田中駅→高井富士スキー場(20分)
タクシー:信州中野駅→高井富士スキー場(30分)
長電バス:長野駅東口→高井富士スキー場(1時間35分)<<急行 北志賀高原線 冬>>
長電バス:信州中野駅→下須賀川・高井富士スキー場バス停(20分)<<須賀川線 北志賀落合行>>→徒歩15分

テーマ : 温泉 - ジャンル : 旅行

野沢温泉



泉質
硫黄泉
源泉温度42~90℃。
熊の手洗い湯の源泉が比較的低温だが他の源泉は温度が高い。

約百万年前に噴火した古い火山である毛無山(標高1650m)の裾野に、数多くの旅館や宿泊施設がある。共同浴場大湯の周辺には大小の旅館やみやげ物屋が密集している。温泉街の道は狭く曲がりくねっており、また坂が多いのが特徴である。斜面の上手(東側)には日本有数のスキー場である野沢温泉スキー場が広がっており、その近辺にはスキー客用のペンションが多い。旅館街より南側はスキー客用の民宿街となっている。


共同浴場
野沢温泉の特徴として、13軒ある共同浴場があげられる。これは地元の湯仲間という組織によって維持管理運営されているが、観光客にも開放されおり、無料または寸志で入浴できる。外湯めぐりを特徴とする温泉は城崎温泉が有名だが、城崎の各浴場が豪華に改築されつつあるのに対し、こちらはいかにも質素で地元の人との会話もある。共同浴場大湯の前や麻釜の近くには足湯が存在する。また何軒かの旅館でも旅館の軒先に足湯を設けている。


麻釜(おがま)
麻釜(おがま)は、100℃近い温度のお湯が湧出している場所。昔はこの高温湯を利用して麻をゆでて皮をはぎ繊維を取っていたが、現在は野菜や卵を茹でたりするなど食べ物の用途に使われる場合がほとんどである。麻釜周辺は火傷など危険防止のため観光客は立ち入り禁止になっている。

奈良時代に行基によって発見されたとされる。

戦国時代には犬養御湯として、名取御湯、信濃御湯とともに三御湯と呼ばれた。但し犬養御湯ではなく三函御湯が入ることもある。

江戸時代には飯山藩主の湯治場が設けられた時期もあった。

アクセス
鉄道
JR東日本飯山線戸狩野沢温泉駅よりのざわ温泉交通バス「湯の花号」で約15分。
JR東日本飯山線飯山駅より長電バスで約40分。
JR東日本長野新幹線長野駅東口より長電急行バス「のざわ菜号」で約95分。(通年)(のざわ菜号に関してはスキーシーズン中バス停が一部変更)
道路
上信越自動車道豊田飯山ICより車で約30分。

テーマ : 温泉 - ジャンル : 旅行