FC2ブログ

安比温泉

泉質
安比高原の源泉

単純温泉
源泉温度53℃

野湯の源泉

硫黄泉

安比高原スキー場の麓に温泉街が広がる。但し、スキーリゾート開発の一環として開発された温泉であり、温泉街としての雰囲気は乏しい。

日帰り入浴施設は2軒、APPI温泉パティオとあずみの湯が存在する。

野湯は入浴施設は湯船のみである。湯船は有志により整備されているが、経年劣化などにより朽ちていることもある。また、常に快適に入浴できる状態とは限らず、到着して入浴可能な状態にするまで整備を要することもある。

町営の日帰り入浴施設あずみの湯が出来たのは平成5年12月22日である。

アクセス
安比高原へのアクセス

鉄道:花輪線安比高原駅よりタクシーで約5分。
登山道の野湯

安比高原側登山道を約60分。但し、登山する人の体調、当日の天候その他の条件により時間は大きく変化しうる。

テーマ : ♡温泉だいすき♡ - ジャンル : 旅行

花巻温泉

泉質
アルカリ性単純泉

花巻電鉄の駅跡地周辺に5軒の大型ホテル、佳松園・ホテル千秋閣・ホテル花巻・ホテル紅葉館・青葉館の5つが存在する。以上は国際興業グループの「花巻温泉」が経営。ほかに、割烹旅館廣美亭がある。

温泉地のホテルでは、演歌歌手によるコンサートも実施される。また、2002年に設置された、「お祭り広場」という催し物会場を有するホテルも存在する。同会場では、岩手県や他県で活躍する有名人が、歌謡ショー・舞踊ショー・マジックショー・郷土芸能ショーその他、 様々なジャンルの公演され、観覧は無料である。冬には、中国雑技団の公演が開催されるホテルも存在する。

温泉街の近くには宮沢賢治が設計した南斜花壇跡に立地する「花巻温泉ローズ&ハーブガーデン」がある。

花巻温泉主催の舞踊大会(花巻温泉芸能大会)が温泉街で実施される。

毎年、花巻市で開催するイーハトーブレディース駅伝のゴール地点となっている。

近年ではJR東日本のびゅうプラン(花巻・北東北)において、国際興業グループの花巻温泉郷の活性化を共同で行っている。

1923年に、台温泉からの引湯で温泉地は開かれた。

昭和初期には、「東北の宝塚」を目指し、盛岡の実業家金田一国士によって、「台遊園」が建設された。 旅館、貸別荘、動植物園、ゴルフ場、テニスコート、プール、住宅、30箇所以上の入浴場が建設され、一大行楽地として栄えた。1930年当時の花巻温泉を撮影した貴重な映画フィルムが現存している。

戦前には、大阪毎日新聞と東京日日新聞によって「新日本八景」にも選ばれた。

戦後になって、台からの引湯管が傷んできたことから、ボーリングを実施して独自源泉を確保した。なお1925年~1972年には、国鉄花巻駅に隣接した電鉄花巻駅から花巻温泉の花巻温泉駅まで、花巻電鉄線という鉄道路線も存在した。

アクセス
車 : 東北自動車道花巻ICより約5分。
鉄道
東北本線花巻駅より岩手県交通バスで約20分。
東北本線仙台駅より高速バスけんじライナーで約2時間45分。

テーマ : 温泉旅行 - ジャンル : 旅行

金田一温泉



泉質
単純温泉(低張性弱アルカリ低温泉)

9軒の温泉宿が存在。日帰り入浴施設は1軒存在する。

温泉街最奥に座敷わらしで知られる緑風荘がある。

以前は湯田温泉という名称であった。(田んぼから湯が沸いていたことに由来する) この温泉の起源については、1000年以上も前に蝦夷の酋長アテルイが湯浴みしたのが始まりとの説があるように、開湯年代を求めるのは難しい。

一般的に開湯年代として紹介されるのは、1626年である。歴史のある名湯であって、江戸時代には盛岡南部藩の指定湯治場となり、『侍の湯』と呼ばれた。その時期から既に温泉街が形成されていたものと考えられる。

ちなみに、金田一を姓にする金田一氏は、南部氏の祖南部光行の第4子の四戸氏から出たとされる。

平成6年(1994年)4月28日 - 環境庁告示第40号により、国民保養温泉地に指定。

金田一温泉をモデル、舞台とする芸術作品
小説
三浦哲郎の一連の作品。三浦哲郎は父方の実家のある金田一に疎開していた。 『ユタとふしぎななかまたち』(三浦哲郎)

エッセイ、随想
『時のせせらぎ―若き日の追想紀行』(三浦哲郎)

短歌
国語学、言語学者の金田一京助は、先祖が金田一周辺を領地にしていた関係で、たびたび来訪している。 金田一京助はまた、歌人でもあり、金田一温泉を詠んだ歌も残している。緑風荘前に歌碑がある

ミュージカル作品
『ユタとふしぎななかまたち』(劇団四季、原作三浦哲郎)

アクセス
車 : 八戸自動車道一戸ICより約6km。
鉄道 :
東北新幹線、いわて銀河鉄道線二戸駅よりJRバス東北で約20分。
いわて銀河鉄道線金田一温泉駅より同じく約5分。

テーマ : 温泉 - ジャンル : 旅行